産地情報

記事一覧

圃場巡回並びに出荷打合せ

ファイル 155-1.jpgファイル 155-2.jpg

圃場巡回並びに出荷打合せを行い、レタス生育の状況確認を行った。また会議の際には新型コロナウイルス感染拡大防止の一環としてマスクの着用・アルコール消毒の徹底や座席の間隔を空けるなどの対策を行った。もう間もなく出荷開始になるのでより一層の感染拡大防止対策が必要になると部会役員より注意喚起があった。

GAPコンサルタント打合せ

ファイル 154-1.jpgファイル 154-2.jpg

JGAP団体認証取得に向けGAPコンサルタントのアリスタライフサイエンス株式会社「山中 聡」さんと打合せを行い、来年9月の認証取得に合わせたスケジュールなどの確認を行った。

定例総会開催

ファイル 149-1.jpgファイル 149-2.jpg

12月10日(火)
本年の締めくくりの定例総会が開催されました。
議案すべて承認されて、役員改選では谷川さんが新部会長として選任され、2年の任期を務める決意を表明しました。
また、今年一番の実績を収めた沢浦さんが部会長賞を受賞しました。

実績検討会開催

ファイル 148-1.jpgファイル 148-2.jpgファイル 148-3.jpgファイル 148-4.jpg

11月12日㈫
久呂保レタス部会出荷実績検討会を伊香保温泉 ホテル木暮で開催致しました。指定市場・全農・JA・農業事務の出席をいただき、今シーズンの反省点・今後の課題について話し合いました。天候不順の中、契約出荷が最後まで全う出来た事・各市場やお客様からクレームが少なかった事などの結果、過去最高の実績があげられた事は、お客様をはじめ販売にかかわる皆様の努力の結果と感謝申し上げます。

また、新品種導入や徹底した栽培管理、厳選された品質管理出荷を行った生産者の努力が有ったことを一言添えさせて頂きます。

懇親会では、お奥さん子供達も合流して盛り上がりました。
4家族の三代目も参加し、今後もレタス部会は安泰であろうと確信しました。

全体会議

ファイル 138-1.jpg

出荷まで1ヶ月少々、契約出荷数量の確認また今後の行事などについて話し合いあいました。
会議の前にJA・全農・ダンボール業者から値上げの説明が有りました。
中国の事情や日本国内の事情色々有りますが、昨年の値上げに引き、またかと言う感じでしたが受け入れるしか無いのが実情です。
ダンボールの品質は下げられないし、規格も変えられない、この値上げをレタス類の価格に反映していただきたいのですが難しいでしょうね!
コンテナ出荷に変更できるお客様は切り替えをお願いしてきましたが、ダンボールでないといけないお客様もいるので今後の課題ですね。

平成30年度 総会開催

ファイル 132-1.jpgファイル 132-2.jpgファイル 132-3.jpg

平成30年12月10日
今年度の締めくくりとして、部会総会を開催しました。
総会前に利根沼田農業事務所から講師を招き、栽培講習を行い
最近のレタスにおける病気の発病と対策について講義をうけました。
総会では全議案が承認され、次年度に向け部会長から更なる販売増進に向け、品質向上・安定出荷を目指し頑張る決意が示されました。
また、優良生産者として小田桐好江さんが表彰されました。
(最長出荷日数・出荷量・安定出荷が評価されました)

今シーズンも「くろレタス」をご愛用頂きまして有難うございました。
来シーズンもホームページ・facebookを担当させていただきますことになりましたF・Mです。誤字脱字・表現不足など有りましたらご容赦願います。

中間実績検討会 開催

ファイル 129-1.jpgファイル 129-2.jpg

7月31日(火)
中間実績検討会が開催され、斉藤担当からこれまでの実績報告がありました。
また、藤井部会長から残り3ヶ月の出荷をしっかり行い、良い年であったと言えるように頑張りましょう!と挨拶がありました。

全体会議

ファイル 124-1.jpg

3月8日
今年初めての全体会議がJA営農センターで行われました。
まず、段ボールが値上がりするということで、JA資材課と段ボールメーカーから値上がりの経緯について説明が有りました。

次に今年の販売計画についてJA販売担当から説明が有りました。

今年の1・2月は寒さが厳しい冬でしたが、植付けは順調に進んでいる状況です。
出荷時期につきましては、後日お知らせ致します。

通常総会

ファイル 122-1.jpgファイル 122-2.jpgファイル 122-3.jpg

12月7日
通常総会が開催されました。
役員改選により、以下の通りの役員構成となりました。
部会長  藤井 昭二
副部会長 谷川 慎一
副部会長 七五三木 清
会 計  高橋 宏幸
監 事  小田桐 好江
顧 問  古沢 守

今年一番実績を上げた生産者には、部会長賞として高橋宏幸さんが受賞されました。
選考理由として、天候不順のなか他生産者が出荷減少した時期に安定出荷をして、契約を継続することができたことが評価されました。

実績検討会

ファイル 121-1.jpgファイル 121-2.jpgファイル 121-3.jpg

指定市場・全農・農協の担当者を招き、実績検討会が開催されました。
価格低迷・天候不順のなか発生した問題点を話し合い有意義な時間が取れました。
特に話題に上がったのは、輸入による注文の減少でした。
今後、天候不順時により出荷が不安定になった時に、いかに安定出荷が出来るかが課題です。

ページ移動