産地情報

記事一覧

梅雨前線停滞中

ファイル 158-1.jpgファイル 158-2.jpg

6月後半から梅雨前線が停滞し、ほぼ毎日の降雨と日照不足が続いています。
そんな中でも、安定出荷するために植え付け作業や収穫作業は休むことなく実施しています。。
レタスはこの天候にどうにか持ちこたえていますが、この状況が続くとこの先が心配されます。

出荷最盛期

ファイル 157-1.jpeg

新型コロナウイルスが心配される中、6月に入り出荷最盛期を迎えました。
適度な降雨と気温高の中ですくすく成長し、大玉に育っております。
早い農家では、AM2:00から収穫作業をしております。
涼しい内に収穫した鮮度の良いレタスを「朝採りレタス」として販売しているスーパーマーケットもございます。「くろレタス」を見かけましたら、久呂保レタス部会の生産者を思い出していただけたら幸いです。

出荷目揃会

ファイル 156-1.jpgファイル 156-2.jpgファイル 156-3.jpg

出荷目揃会を開催。例年とは違って出席人数の制限やマスクの着用を徹底し行いました。
いよいよレタスの出荷が始まります。一刻でも早い新型コロナウイルスの終息を願うばかりです。

圃場巡回並びに出荷打合せ

ファイル 155-1.jpgファイル 155-2.jpg

圃場巡回並びに出荷打合せを行い、レタス生育の状況確認を行った。また会議の際には新型コロナウイルス感染拡大防止の一環としてマスクの着用・アルコール消毒の徹底や座席の間隔を空けるなどの対策を行った。もう間もなく出荷開始になるのでより一層の感染拡大防止対策が必要になると部会役員より注意喚起があった。

GAPコンサルタント打合せ

ファイル 154-1.jpgファイル 154-2.jpg

JGAP団体認証取得に向けGAPコンサルタントのアリスタライフサイエンス株式会社「山中 聡」さんと打合せを行い、来年9月の認証取得に合わせたスケジュールなどの確認を行った。

JGAP講習会開催

ファイル 153-1.jpegファイル 153-2.jpegファイル 153-3.jpeg

R2.3.10
JGAP講習会並びに現地研修会を開催しました。
雨の降る中、2軒の生産者の倉庫・農薬庫・育苗ハウスで作業機や農薬の保管状況・安全のリスクを把握し農業事務所やGAP取得者からのアドバイスを受けました。

農業支援アプリ(アグリノート)講習会

ファイル 152-1.jpgファイル 152-2.jpgファイル 152-3.jpg

R2.2.18
JA営農センターで農業支援アプリ(アグリノート)の説明会・講習会を行いました。
生産者各自がパソコンを持ち寄り、圃場・機械・農薬の登録を一通り設定しました。
HP管理人個人的な感想ですが、非常に画期的で便利なアプリだと思いますが、50歳を過ぎた私にとっては説明通りに入力出来ずついて行くのが精いっぱい!遅れないように頑張ります。

JGAP説明会開催

ファイル 151-1.jpegファイル 151-2.jpegファイル 151-3.jpeg

R2.1.28
久呂保レタス部会はJGAP団体認証取得を目指し、利根沼田農業事務所・村永さんに依頼しJGAP説明会を開催しました。
(JGAP内容説明・取組み事項説明・GAP取得者宅農薬庫現地研修)

アグリノート勉強会

ファイル 150-1.jpgファイル 150-2.jpg

12月18日(水)
アグリノート勉強会がJA利根沼田営農センターでおこなわれました。
農業にもAIが活用される時代になったのだと実感しました。
今後、GAP取得についても勉強会を行う予定です。

定例総会開催

ファイル 149-1.jpgファイル 149-2.jpg

12月10日(火)
本年の締めくくりの定例総会が開催されました。
議案すべて承認されて、役員改選では谷川さんが新部会長として選任され、2年の任期を務める決意を表明しました。
また、今年一番の実績を収めた沢浦さんが部会長賞を受賞しました。