産地情報

記事一覧

2023通常総会開催

ファイル 187-1.jpgファイル 187-2.jpg

2023.12.7
令和5年度 通常総会を開催しました。
全議案が承認され、角田伸一さんが2024.2025年の部会長に選出されました。
今年の優良生産者は澤浦範行さんが受賞しました。
また、総会前には今年大発生したオオタバコガの防除について農業事務所から指導がありました。

実績検討会2023

ファイル 186-1.jpgファイル 186-2.jpgファイル 186-3.jpg

2023.11.14
実績検討会がコロナ禍で3年間開催ができずにいましたが、指定市場を招き盛大に4年ぶりの開催となりました。

猛暑対策・散水

ファイル 185-1.jpgファイル 185-2.jpg

連日の猛暑
砂漠の畑に雨はなく
悲鳴をあげるレタス達
恵の水に
歓喜が聞こえる
レタス畑

収穫体験

ファイル 184-1.jpgファイル 184-2.jpgファイル 184-3.jpgファイル 184-4.jpgファイル 184-5.jpg

5月20日㈯
生活協同組合コープぐんま様主催のJA利根沼田レタス収穫体験が昭和村の高橋宏幸部会長の畑で行われました。
収穫方法の説明を受け始まりましたが、畑の畝間に足を取られる方や刃先が先端まである収穫用の包丁をレタスに差し込むのに手こずっている方が見受けられましたが、収穫体験はいかがだったでしょうか!
また、畑で採りたてのレタスを何も味付けしないで試食をして頂きましたが美味しかったでしょうか!
コロナウイルスが落ち着き、こうしてお客様と直に交流ができ私達レタス農家も良い体験をさせて頂きました。
美味しい食べ方の質問が有りましたが、ホームページでも載せていますがYouTubeでも色々な方がアップしていますので参考にしてください。

群馬テレビで放送されます

ファイル 183-1.jpg

来週5月22日(月)
群馬テレビで「JAみどりの風」に朝採りレタスの収穫作業が放送されます。
見忘れの方は再放送も有りますので是非ご覧ください。

標高差を活かした作付け

ファイル 182-1.jpg

昭和村は標高300mから800mの標高差を活かした作付けが出来ます。
気温差は3~4度有ります。
現在は300mくらいの場所での収穫作業をしていますが、植え付け作業は500mくらいの畑で行っています。
梅雨時期は標高が高いと霧に覆われ病気のリスクが有るため、あえて標高を下げた作付けをする場合もあります。

目揃え会開催

ファイル 181-1.jpgファイル 181-2.jpg

4月10日(月)
桜の花が例年より10日くらい早く満開になり、レタスの出荷も早まる見込みのため、目揃え会も昨年よりも10日早く開催しました。
出荷規格の確認、出荷場でのルールの再確認を行いました。
今月下旬から本格的に出荷が始まります、今シーズンも宜しくお願い致します。

レタス部会総会開催

ファイル 180-1.jpgファイル 180-2.jpg

12月8日(木)
久呂保レタス部会総会が開催されました。
全部会員出席のもと全議案が承認されました。
今年の優秀生産者賞には加工向け出荷に貢献した谷川さんが選ばれました。
また意見交換会では、肥料・資材の高騰対策、JGAP承認について話し合いをしました。
今年も多くのお客様・関係者の皆様のご協力により、どうにかどうにか乗り越える事が出来ました。
来年は更に厳しい年になることは目に見えて分かっていますが、部会員全員このレタス生産が持続的に生産できるよう一丸となって取り組みます。今年一年有難うございました。

JGAP維持審査

ファイル 179-1.jpeg

9月12~14日
JGAP認証の維持審査を受けました。
昨年、初認証され今年は維持審査となり、審査を受けた4人は初めての事でしたが、書類の整理・質問への対応・倉庫の管理状況も良く出来ており審査員から褒められることも有りました。
JA事務局・予冷庫の審査も無事に終わり、審査結果を待っている状況です。
これからはJGAPを足掛かりに更に上を目指して行けたらと思います。

写真:日本農業新聞2022.9.23

上毛新聞に掲載されました!

ファイル 178-1.jpgファイル 178-2.jpg

8月10日
上毛新聞
毎月第2水曜日発行の元気(医食農福)らいふ8月号に
高橋宏幸部会長の記事が掲載されましたのでご紹介致します。

ページ移動